医師 やめる 理由

サイトマップ

登録をすると、存在確認のために最低1回は電話がかかってきます。その点だけご了承ください。

医師転職は下記からどうぞ!



医師がやめる理由は



医師の不足が社会問題にもなっている現代ですが、ただでさえ貴重な医者が、やむを得ず医師を辞めていくこともあります。

その理由として挙げられることが多いのは、勤務医の場合、過酷な労働環境に対して収入があまり多くないということが挙げられます。

ご存知のように医師になるためには、非常に多くの時間と費用がかかりますが、医師になったあとも研修などで多額の費用がかかります。

たとえば、海外留学をした場合、渡航費なども含めて1000万円自己負担するケースもありますし、専門病院で研修する場合、初年度が無給の場合もあります。医師は、一生涯を通じて自己研鑽するために多くの時間と費用を費やしますが、日本の場合、診療報酬が低く、医師をサポートするための人材も不足していますが、それに反比例するように国民の医師に対する要求は年々高まっており、医師の仕事は増加していきます。

このような過酷な労働環境に耐えられず、勤務医を辞めてしまうケースが多いと言います。また、年間を通して休みがない、夜中に電話で呼び出されるため睡眠障害にかかるなど、身体的負担もありますし、患者の無理解な態度や言葉によって精神的ダメージを負うケースもあります。

このようなことが複合的に絡まり合い、医師を辞職に追い込むことが多いようです。医師をやめる前に、考えて欲しいのが、「転職」医療施設は病院だけではなく、様々なところがあります。患者に向き合わないでいい職場もありますし、今の職場より労働条件の良いところはたくさんあります。

都会の病院で人間関係に悩んだいるのだったら一度、地方の医療施設も選択肢のうちに入れたらと思います。田舎の空気、人素晴らしいものがきっとあります。

先生様(とは言わないかもしれませんが)すごく大切にしてくれると思います。田舎は人情厚いですよ。田舎の景色に癒されること間違いないです。田舎の宣伝はこれくらいにして、本当に転職を考えているのであれば、医師専門の人材紹介会社に登録をお勧めします。登録すると、あなたの担当者が決まり、転職先をたくさん紹介指定くれます。もちろん、あなたの希望に添えるような先ばかりです。

下記、医師専門転職サイトで、登録してください。

エムスリーキャリアエージェント

「医師が転職を考えたらしないといけない事」について

医師が転職を考えたら、何故、転職するのか、必要な書類、面接から新しい職場での立ち位置などの情報をお知らせします。

登録をすると、存在確認のために最低1回は電話がかかってきます。その点だけご了承ください。

医師転職は下記からどうぞ!



転職医師