医師 退職

サイトマップ

登録をすると、存在確認のために最低1回は電話がかかってきます。その点だけご了承ください。

医師転職は下記からどうぞ!



医者の退職は難しい



医師が退職、もちろん、一定の時期での退職は想定されていることなので、病院はちゃんと計画を立てて対応している。が、働き盛りの医師の退職は、想定されていないので、病院側は慌てます。医師の転職は転職元は嫌がります。が、転職先は大歓迎ですよ。

あなたの担当エージェントがお世話します。

医師の転職は難しいと言わざるを得ない。大学病院は病院でしがらみがあり、退職を切り出すと様々な手段で引き止めることとなり、それは、一般病院でも同じようなことが起きる。

事務局側から考えると、医師が転職するとその診療科目が成り立っていかない場合があったりするので、できるだけ引き止めに掛かるようです。違う医師を探さないといけなくなる。医師不足の昨今、新たに医師を探すとなると大変なこととなることは間違いありません。

が、医師本人が転職を希望するのは、自由に違いない。そして、勤め先の病院へ家族等の理由でどうしても転職しないといけないことを伝える。そうすることで、退職、転職がスムースにいくようですね。

転職斡旋の会社のサポートはできているので病院に勤務しながら、水面下で次の病院を探すことができます。

勤務内容の希望などを伝えておくと、その希望に応じた転職先を提案してくれますし、転職できるまできっちりフォローしてくれます。

人生一回きりですから、自分の希望を叶えましょう。

上記の理由から、転職先を探している時期は決して今の職場には内緒にするのがいいかと考えます。ある程度決まってから、お伝えしましょう。その時必要なのが転職理由が今の職場で理解が得られるかどうかです。

転職する理由を真摯に考えておきましょう。

なぜなら、元の職場で医師一人が抜けると、新たに医師を探し、職に就いてもらうには、それ相当の費用が掛かるのです。相当な費用をかけても新たな医師が見つかる保証はありません。

なので、元の医療施設としては、必死です。

下記、医師専門転職サイトで、登録してください。

エムスリーキャリアエージェント

「医師が転職を考えたらしないといけない事」について

医師が転職を考えたら、何故、転職するのか、必要な書類、面接から新しい職場での立ち位置などの情報をお知らせします。

登録をすると、存在確認のために最低1回は電話がかかってきます。その点だけご了承ください。

医師転職は下記からどうぞ!



転職医師