転職 医師

サイトマップ

登録をすると、存在確認のために最低1回は電話がかかってきます。その点だけご了承ください。

医師転職は下記からどうぞ!



医師が転職を考えたらしないといけない事



医師のあなたが転職を考える様々な理由
・自分の出身地に引越しないといけない。
・仕事がきついのでもう少し働きやすいところがないか
・人間関係がややこしくなったので、他の医療機関へ。
・都市の医療機関へ転職して、医療技術を磨きたい。
・田舎でのんびりと仕事がしたい。

医師が転職を考える時、「なぜ、転職するのか」を考えてみる
・人間関係がうまくいかない
・もっと遣り甲斐のある科目の仕事がしたい
・もっと楽な科目の仕事がしたい
・もっと収入を増やしたい
・両親の世話のため、故郷へ帰る必要がある

医師の転職準備

転職を考えたら、まずすることと言えば「職務経歴書の作成」大学で何を研究して、就職してどんな手術をしたのか等をかく事をお勧めします。自分自身の医師としての輝いているところを、武器にできるのです。

医師の中での一般で言う資格、つまり、登録医、認定医、専門医、指導医なども転職に有利に働くのは言うまでもありません。

上記で言う医師の技術性と、本当に問われるのは、「人間性」
周りの人との協力が大切です。ですので、医師も人間性が問われます。

医師が転職する理由を満足させる先でないといけないのは言うまでもありません。
満足する転職先は、医師専門の就職あっせん会社のコンサルタントが転職先を提案してくれます。

先に書いたように、「職務経歴書」と医師のあなたの希望をこと細かく書いた上でコンサルタントと打ち合わせをしていくと、あなたの希望を満たす先がきっと見つかるでしょう。

医師専門の転職会社では、数社、その中でもエムスリーキャリア株式会社が評判がいい。自分の目で確かめてください。エムスリーキャリア株式会社が一番上ランキングしています。

エムスリーキャリアは、医療関連ビジネスを展開する東証一部上場企業2社が、
それぞれの強みを結集させたジョイントベンチャーです。

医師人材紹介会社への登録
下記に医師専門の人材派遣会社を載せておきますので、まず、公式サイトで自分との相性を確認し、登録する。登録すると、あなたの担当の医師転職コンサルタントが決まり、そのコンサルタントから連絡が入ります。実際に面談し、打ち合わせをします。

登録すると、医師のあなたの担当が決まり、そのコンサルタントは、あなたの希望の転職先を用意してくれます。その中で気に入ったところに、面接のセッティングをお願いします。いくつかの面接を受けて、最終的に気に入ったところで転職する。



m3キャリアの強みは、医師登録者数1位。
医療機関、新病院開設や新疆科目立ち上げの相談も舞い込んでいます。
m3キャリアのコンサルタントが医療機関の経営方針や診療方針まで理解。

mハイスキル医師紹介サービスも他社に先立って開始。

・新規診療科目の立ち上げ
・消化器外科部長に就任
・整形外科医長に就任



m3キャリアの利用は無料。

医師転職活動の妨げとなることは一切しません。
個人情報を守ります。

登録していただいても転職を強要するものではありません。納得されなければ転職する必要はありません。

医師専門の人材会社への登録は下記からどうぞ!



エムスリーキャリアエージェント



医師キャリアコンサルタントが紹介する案件
年収1,800万円以上、週4日の勤務、当直なし、救急対応なし、医院経営が学べる、地方、生活環境がいい、転科OK、製薬会社で働く、60歳以上OKなどなどがあります。

紹介される案件の職場の状況などをコンサルタントから聞くだけではなく、可能であれば、自分自身で職員の様子を見るとか、中に入ってみることで雰囲気がつかめたりします。

医師であるあなたが転職が成功した場合、あなたの生活はどのようになりますか?

年収がアップして、当直なし、週4日勤務が現実になったら、お金と時間の両方の余裕が出来ますね。今まで、出来なかった趣味ができるようになったり、旅行も年に何回もできるようになったりします。さらに、今までやりたいけど、時間が無かったり、資金に余裕が出来るので、大胆に使うこともできる。今まで考えられなかった生活が現実になるかもしれません。

あなたの現状がプライベートもないくらい忙しい毎日を送っているなら、地方に勤務し、自然と触れ合う人間的な暮らしもいいかもしれません。良い空気、人情の厚い人たちに囲まれ、「先生、先生」と尊敬され仕事をするのもいいでしょうね。

医師専門の人材会社への登録は下記からどうぞ!



エムスリーキャリアエージェント



面接の受け方は
面接を受ける先概要を頭に入れておくこと。
志望動機や理由をまとめておくこと。


転職先が決まったら、まず、条件の確認はしておきましょう。
あとあとトラブルにならないように。

現職のまま、転職が決まった場合
上司または総務へ、転職のきっかけから経緯、そして転職先まで包み隠さず説明して理解を得ること。兎に角、責任ある辞め方をすること。

転職先へ仕事はじめの時、やってはいけない事の一つが前の病院を引きずること。例えば、「前の病院は○○だった」とか、「前の病院に比べて」とかの言動は慎むこと。また、前の病院の関係の人たちとできるだけ会わないこと。ただし、自分の中で比較し、良いと思うところは、自分の範囲内で摂りいれることも大切です。周りが良いと認めていったら、その良いことが自然と受け入れられる。


新しい職場では、「人間関係の良好な構築」が今度仕事における最も大切なこと。君つけではなく、さんと呼ぶ。これは年下や年上、男女関係なく、「さんづけ」がよい。良い仕事に裏付けされた人間関係の構築ができれば、前向きに仕事ができるでしょう。

オーナ理事長との付き合い方は、
理事長は経営者であり、オーナーなので、公私混同するかもしれない。その公私混同を真正面から指摘すると、働きにくい仕事環境になることは間違いないので、ある程度認めながら、従うことも必要かもしれない。

ステータスより支配権が勝るかもしれない。



転職のための医師専門の人材会社への登録は下記からどうぞ!



エムスリーキャリアエージェント

「医師が転職を考えたらしないといけない事」について

医師が転職を考えたら、何故、転職するのか、必要な書類、面接から新しい職場での立ち位置などの情報をお知らせします。

登録をすると、存在確認のために最低1回は電話がかかってきます。その点だけご了承ください。

医師転職は下記からどうぞ!