転職 医師

サイトマップ

登録をすると、存在確認のために最低1回は電話がかかってきます。その点だけご了承ください。

医師転職は下記からどうぞ!



医師が転職を考えたらしないといけない事



医師のあなたが転職を考える様々な理由
・自分の出身地に引越しないといけない。
・仕事がきついのでもう少し働きやすいところがないか
・人間関係がややこしくなったので、他の医療機関へ。
・都市の医療機関へ転職して、医療技術を磨きたい。
・田舎でのんびりと仕事がしたい。

医師が転職を考える時、「なぜ、転職するのか」を考えてみる
・人間関係がうまくいかない
・もっと遣り甲斐のある科目の仕事がしたい
・もっと楽な科目の仕事がしたい
・もっと収入を増やしたい
・両親の世話のため、故郷へ帰る必要がある

医師の転職準備

転職を考えたら、まずすることと言えば「職務経歴書の作成」大学で何を研究して、就職してどんな手術をしたのか等をかく事をお勧めします。自分自身の医師としての輝いているところを、武器にできるのです。

医師の中での一般で言う資格、つまり、登録医、認定医、専門医、指導医なども転職に有利に働くのは言うまでもありません。

上記で言う医師の技術性と、本当に問われるのは、「人間性」
周りの人との協力が大切です。ですので、医師も人間性が問われます。

医師が転職する理由を満足させる先でないといけないのは言うまでもありません。
満足する転職先は、医師専門の就職あっせん会社のコンサルタントが転職先を提案してくれます。

先に書いたように、「職務経歴書」と医師のあなたの希望をこと細かく書いた上でコンサルタントと打ち合わせをしていくと、あなたの希望を満たす先がきっと見つかるでしょう。

医師専門の転職会社では、数社、その中でもエムスリーキャリア株式会社が評判がいい。自分の目で確かめてください。エムスリーキャリア株式会社が一番上ランキングしています。

エムスリーキャリアは、医療関連ビジネスを展開する東証一部上場企業2社が、
それぞれの強みを結集させたジョイントベンチャーです。

医師人材紹介会社への登録
下記に医師専門の人材派遣会社を載せておきますので、まず、公式サイトで自分との相性を確認し、登録する。登録すると、あなたの担当の医師転職コンサルタントが決まり、そのコンサルタントから連絡が入ります。実際に面談し、打ち合わせをします。

登録すると、医師のあなたの担当が決まり、そのコンサルタントは、あなたの希望の転職先を用意してくれます。その中で気に入ったところに、面接のセッティングをお願いします。いくつかの面接を受けて、最終的に気に入ったところで転職する。



m3キャリアの強みは、医師登録者数1位。
医療機関、新病院開設や新疆科目立ち上げの相談も舞い込んでいます。
m3キャリアのコンサルタントが医療機関の経営方針や診療方針まで理解。

mハイスキル医師紹介サービスも他社に先立って開始。

・新規診療科目の立ち上げ
・消化器外科部長に就任
・整形外科医長に就任



m3キャリアの利用は無料。

医師転職活動の妨げとなることは一切しません。
個人情報を守ります。

登録していただいても転職を強要するものではありません。納得されなければ転職する必要はありません。

医師専門の人材会社への登録は下記からどうぞ!



エムスリーキャリアエージェント



医師キャリアコンサルタントが紹介する案件
年収1,800万円以上、週4日の勤務、当直なし、救急対応なし、医院経営が学べる、地方、生活環境がいい、転科OK、製薬会社で働く、60歳以上OKなどなどがあります。

紹介される案件の職場の状況などをコンサルタントから聞くだけではなく、可能であれば、自分自身で職員の様子を見るとか、中に入ってみることで雰囲気がつかめたりします。

医師であるあなたが転職が成功した場合、あなたの生活はどのようになりますか?

年収がアップして、当直なし、週4日勤務が現実になったら、お金と時間の両方の余裕が出来ますね。今まで、出来なかった趣味ができるようになったり、旅行も年に何回もできるようになったりします。さらに、今までやりたいけど、時間が無かったり、資金に余裕が出来るので、大胆に使うこともできる。今まで考えられなかった生活が現実になるかもしれません。

あなたの現状がプライベートもないくらい忙しい毎日を送っているなら、地方に勤務し、自然と触れ合う人間的な暮らしもいいかもしれません。良い空気、人情の厚い人たちに囲まれ、「先生、先生」と尊敬され仕事をするのもいいでしょうね。

医師専門の人材会社への登録は下記からどうぞ!



エムスリーキャリアエージェント



面接の受け方は
面接を受ける先概要を頭に入れておくこと。
志望動機や理由をまとめておくこと。


転職先が決まったら、まず、条件の確認はしておきましょう。
あとあとトラブルにならないように。

現職のまま、転職が決まった場合
上司または総務へ、転職のきっかけから経緯、そして転職先まで包み隠さず説明して理解を得ること。兎に角、責任ある辞め方をすること。

転職先へ仕事はじめの時、やってはいけない事の一つが前の病院を引きずること。例えば、「前の病院は○○だった」とか、「前の病院に比べて」とかの言動は慎むこと。また、前の病院の関係の人たちとできるだけ会わないこと。ただし、自分の中で比較し、良いと思うところは、自分の範囲内で摂りいれることも大切です。周りが良いと認めていったら、その良いことが自然と受け入れられる。


新しい職場では、「人間関係の良好な構築」が今度仕事における最も大切なこと。君つけではなく、さんと呼ぶ。これは年下や年上、男女関係なく、「さんづけ」がよい。良い仕事に裏付けされた人間関係の構築ができれば、前向きに仕事ができるでしょう。

オーナ理事長との付き合い方は、
理事長は経営者であり、オーナーなので、公私混同するかもしれない。その公私混同を真正面から指摘すると、働きにくい仕事環境になることは間違いないので、ある程度認めながら、従うことも必要かもしれない。

ステータスより支配権が勝るかもしれない。



転職のための医師専門の人材会社への登録は下記からどうぞ!



エムスリーキャリアエージェント






目 次
1.医師の転職の時の面接のコツは

2.医師の転職の活動時期は

3.医師の転職で不安な要素は

4.医師の転職中の過ごし方は

5.医師転職あいさつの例

6.医者の退職は難しい

7.医師の悩みはどんなのがあるのか

8.医師がやめる理由は

9.医師の年収は研修医の後の進路により大きく変わってきます

10.職務経歴書の作成は

11.徹底比較!医師の転職、成功する転職サイトとは

1.医師の転職の時の面接のコツは


医師転職の際の面接では
医師転職の際の面接では、一般職の面接と同じく、志望動機、前職の退職理由、
新しい場所で何をしたいか・何ができるか、自分の性格について、などが聞かれますから、
事前に準備しておきましょう。

そのほか、医師ならではの、前職での専門科、主な診療内容、外来・病棟などの経験の有無も当然聞かれます。
更に、面接は面接官とコミュニケーションであることもお忘れなく。

一番のポイントは、退職理由についてネガティブなことを述べないこと、また新しい病院でどのように働きたいかということを、自分の医療感を交えて完結に伝えることです。

病院側は腕のいい人間力のある医師を求めていますが、
病院の大小でそこはある程度我慢するかもしれません。でも、
人間力に欠けるとその我慢はしなくなります。

一人の医師のせいで職場環境が悪くなるのは望んでいないからです。
一人の人間的に優れた医師がいることで患者が増える可能性は大きい。

そして、病院側はあなた一人を採用するのに、大きなお金を支出しないといけない。
1,000万円以上の資金を医師の確保に使うのでいい医師を雇いたいのです。

あなたの人間力が相手(面接側)が認めたらあなたの希望の項目を一つでも多く承諾するだろうと。
たとえば、収入が上がったりや重要なポストについたりと。


下記、医師専門転職サイトで、登録してください。

エムスリーキャリアエージェント

2.医師の転職の活動時期は


転職を考えたとき、
一般的なサラリーマンであれば、
いったん会社をやめて、失業保険を受けとりながら転職活動をし、
保険の給付が終了するまでに転職先を確定するという流れが一般的です。

しかしこれが医師の場合、事情は少々異なってきます。

医師もまた雇用保険の対象者であることに違いはありませんが、失業保険を受けない人が大多数だからです。

そのため、医師が転職を考えた場合、
仕事をやめてしまう前に転職先を確保しておく必要があります。


でないと、転職先が決まるまで、給料はもちろん、収入が一切なくなってしまうからです。多忙を極める医師という職業ですから、働きながら転職活動をするのはなかなか困難といえますが、人材紹介会社に登録するなどして、常にアンテナをはっておくようにしたいものです。

とりわけ、3月と10月には、医師の求人募集が多くなるといわれています。

退職や移動が多いこの時期は、特に力をいれて転職活動をするのがいいでしょう。

反対に、6月は医局の人事の月なので、募集が少なく、あまり転職活動に向いていません。

また、12月など、年末に行動するのも、あまり良い結果が得られないでしょう。

医師の転職の時期を一般的なことを書き記してきましたが、あくまでも一般的なことです。

なので、その時期に転職活動をしてはダメと言うわけではありませんので、ご承知おきください。転職のきっかけは人によって様々です。ですので、転職を思いついたら、積極的に動きましょう。ただし、自分自身はなかなか動けないので、人材紹介会社に任せてみましょう。

人材会社の利用は無料です。

あなたの担当が決まり、その担当者がどんどん情報を提示してくれます。

公表されている情報をサイトで、簡単に探すことができますし、公表されていない情報も手に入れることが可能です。サイトで様々な項目を入力し、あなたの合う勤務先も探していきましょう。

下記、医師専門転職サイトで、登録してください。

エムスリーキャリアエージェント

3.医師の転職で不安な要素は


病院によっては、昼も夜も働きづめを余儀なくされていたり、
病院に寝泊りするのが普通になって自宅になかなか帰れないという医者もいるのだとか。
そんな状況からか、転職を考える医師の数も年間一割を超えると言われています。

しかし、医師が転職活動をするとき、その求人情報が非公開なことを不安に思う人もいるでしょう。

患者に余計な不安を与えないために当たり前の処置ではありますが、
転職活動を行う側からしてみれば、少々厄介なことでもあります。

転職を考えている医師は
医師専門の人材紹介会社に登録をしておく、
常に外部の医師たちと交流をもって情報を集めておく、
コネクションを作っておくといった努力が不可欠となります。


不安な要素の一つが、今の職場に分からずに転職先を探せるのか?

忙しい仕事ですから、転職先を自分自身で探すのはなかなか難しい。自分自身で探すと、
今の職場にすぐにばれてしまいます。その対策として、人材紹介会社を利用すること。

医師などの転職先を専門にしている人材会社があります。その会社では、
登録すると、あなたの担当のアドバイザーが決まり、
そのアドバイザーがあなたのご希望にあう転職先を複数提示してくれます。
その中から選ぶか、もっと情報をお願いするか。

アドバイザーは転職先が決まるまで、情報を提示し続けてくれます。もちろん、
あなたの担当のアドバイザーが相性が今一つの場合、アドバイザーを変更してもらいましょう。

下記、医師専門転職サイトで、登録してください。

エムスリーキャリアエージェント

4.医師の転職中の過ごし方は


転職をすると決めたら、すぐに人材紹介会社に登録してしまうことをおすすめします。
一度こういったところに登録をしてしまえば、否が応でも連絡や情報が入ってきますから、
気持ちを転職活動から離してしまわずにすみます。

また、日々忙しく働いていて転職先を探し出す時間がとれなくても、
良さそうな情報を向こうで探して紹介してくれるので、とても助かるでしょう。

下記、医師専門転職サイトで、登録してください。

エムスリーキャリアエージェント



ただし、そんな転職活動をしている最中でも、
今いる病院の業務が疎かにならないよう注意しなければなりません。

人の命を預かる仕事として集中しないことは許されませんが、
それ以上に、慢性的な人手不足が普通の病院で、
自分のことだけ考えていると雰囲気は余計に悪くなり、
余計に働き心地も悪くなってしまいます。

今の職場の雰囲気を悪くするのは極力避けたいですから、
普段と同じように仕事を普通にこなすよう努力しないといけません。

が意識が転職に向いているとそれが態度に現れるかもしれません。

ですので、職場では、転職のことは一切考えない。
(難しいですが)


考えないことは難しいので、職場では他のことに集中することいいですね。
例えば、学会のこととか、今研究していることとか。

転職先が決まるまでの期間は本当に慎重に。

転職は人を豊かにすると言われます。見えなかった事が、見えるのは事実です。

今の職場から離れて初めて、今の職場がどんなだったかが分かります。
今の職場のいいところ、悪いところがわかり、転職先の職場環境を変える提案もできるかもしれません。

5.医師転職あいさつの例


どんな職業であれ、転職が決まったら、
これまでお世話になった人や付き合いのある人にその旨を連絡するのが礼儀だといえます。

メールなどで済ませるのではなく、
転職挨拶状の体でハガキなどを作成し、方々に送るようにしましょう。


できれば退職の一週間前には作成を終えておき、いざ退職したらすぐに発送するのがベストです。
文面は、一般的な転職挨拶状とほとんど同じで大丈夫。

たとえば、「拝啓」ではじめ、一人前の医師として、
医療に携わる事が出来るようになった今の状態は、
ひとえに皆様のお陰と感謝申し上げる次第です。

さてこの度、私は○○病院を退き気分も新たに××病院に勤務する事となりましたことを報告させていただきます。
皆様より授けられました医療技術を、今後も発展させていくべく精進する決意です。

簡単ではありますが、皆様のご健勝を祈念しまして、
転職の挨拶とさせて頂きます」と終えます。

自分の転職の報告に加えて、お世話になった人への感謝の念を述べることを忘れずに。
また、退くことになる病院内でも、後任者をはじめ、上司や同僚などに口頭とはいえ
きちんと感謝の念を含めた挨拶をしておくようにしましょう。

なお、後任者への引継ぎ、後任者を取引先や顧客に紹介する挨拶回りは、別途行います。
退職後の貴重な人脈を失わない目配りも忘れずに・・・。

貴重な人脈はあなたの窮地をきっと助けてくれるはずです。
もちろんあなたも他の人の窮地を助けるでしょう。

いいい人間関係作りは短時間でできることはありません。
一瞬たりとも、手を抜かずやり続けてください。

転職を決意したが、転職先をお探しなら、
医師などの専門の人材紹介会社があります。その会社のバナー上に貼っておきますので、
クリックの上、公式サイトでご登録してください。

一度、登録すると、すぐにあなたの担当者が決まります。
その担当者はあなたに合う転職先の情報をたくさん持ってきてくれるでしょう。

下記、医師専門転職サイトで、登録してください。

エムスリーキャリアエージェント

6.医者の退職は難しい


医師が退職、もちろん、一定の時期での退職は想定されていることなので、病院はちゃんと計画を立てて対応している。が、働き盛りの医師の退職は、想定されていないので、病院側は慌てます。医師の転職は転職元は嫌がります。が、転職先は大歓迎ですよ。

あなたの担当エージェントがお世話します。

医師の転職は難しいと言わざるを得ない。
大学病院は病院でしがらみがあり、退職を切り出すと様々な手段で引き止めることとなり、
それは、一般病院でも同じようなことが起きる。

事務局側から考えると、医師が転職するとその診療科目が成り立っていかない場合があったりするので、
できるだけ引き止めに掛かるようです。

違う医師を探さないといけなくなる。
医師不足の昨今、新たに医師を探すとなると大変なこととなることは間違いありません。

が、医師本人が転職を希望するのは、自由に違いない。
そして、勤め先の病院へ家族等の理由でどうしても転職しないといけないことを伝える。

そうすることで、退職、転職がスムースにいくようですね。

転職斡旋の会社のサポートはできているので病院に勤務しながら、
水面下で次の病院を探すことができます。

勤務内容の希望などを伝えておくと、その希望に応じた転職先を提案してくれますし、
転職できるまできっちりフォローしてくれます。

人生一回きりですから、自分の希望を叶えましょう。

上記の理由から、転職先を探している時期は決して今の職場には内緒にするのがいいかと考えます。
ある程度決まってから、お伝えしましょう。

その時必要なのが転職理由が今の職場で理解が得られるかどうかです。

転職する理由を真摯に考えておきましょう。

なぜなら、元の職場で医師一人が抜けると、
新たに医師を探し、職に就いてもらうには、それ相当の費用が掛かるのです。

相当な費用をかけても新たな医師が見つかる保証はありません。

なので、元の医療施設としては、必死です。

下記、医師専門転職サイトで、登録してください。

エムスリーキャリアエージェント

7.医師の悩みはどんなのがあるのか


医師の悩みとして多いのが、医師不足による勤務時間の増加や、
看護師不足によるサポート体制の不備など、勤務内容に関するものです。

高齢化社会の日本では、医師不足の問題は一向に解決しませんが、
それに反比例するように、医者による説明責任の増加など、
必要なこととはいえ、仕事が増える一方です。

勤務医の場合、ほとんど休暇が取れないことや、
夜中でも呼び出されるので睡眠障害にかかるなど、
肉体的・精神的負担は大きいようです。


その他にも、患者との医療トラブルを抱えたり、
職場での人間関係の悪化・いじめなどに悩まされる場合もあります。

また、病院は会社のようにキャリアアップ制度が整っていないため、
そのことに不満を抱く男性の医師も多いようです。

職場に束縛されるため、なかなか恋愛ができないこと、
あるいは職場恋愛によって悩みを抱えるという方もいるといいます。

医師の悩みはさまざまですが、身体的負担やストレスを抱えている状態が続けば、
医師を辞めたいと思うなど、自分自身を追い詰めることになります。

悩んでいるということは、今の職場で何らかのトラブルを抱えているですね。

その場合、あなたが転職することで解決するかもしれません。
医師をやめる前に、転職も選択肢の一つに入れてください。

環境がかわると、人間、変われるものです。変わったら、
今まで見えていないものがみえたりします。

環境が変わると、新たな発見があるかもしれません。
ですので、自然と顔がほころんで、
今まで悩んでいたのがウソのようにウキウキの生活ができるかもしれません。

「転職は人を豊かにする」と言われます。
それは、本当のことです。

なぜなら、転職するということは、
最低二つの職場を知るということ。

元の職場では、常識だったのが、
次の職場では非常識になるかもしれません。

自分の中で比較対象があるのはすごくいい事です。

下記、医師専門転職サイトで、登録してください。

エムスリーキャリアエージェント

8.医師がやめる理由は


医師の不足が社会問題にもなっている現代ですが、
ただでさえ貴重な医者が、やむを得ず医師を辞めていくこともあります。

その理由として挙げられることが多いのは、
勤務医の場合、過酷な労働環境に対して収入があまり多くないということが挙げられます。

ご存知のように医師になるためには、非常に多くの時間と費用がかかりますが、
医師になったあとも研修などで多額の費用がかかります。

たとえば、海外留学をした場合、渡航費なども含めて1000万円自己負担するケースもありますし、
専門病院で研修する場合、初年度が無給の場合もあります。

医師は、一生涯を通じて自己研鑽するために多くの時間と費用を費やしますが、
日本の場合、診療報酬が低く、医師をサポートするための人材も不足していますが、
それに反比例するように国民の医師に対する要求は年々高まっており、医師の仕事は増加していきます。

このような過酷な労働環境に耐えられず、勤務医を辞めてしまうケースが多いと言います。
また、年間を通して休みがない、夜中に電話で呼び出されるため睡眠障害にかかるなど、
身体的負担もありますし、患者の無理解な態度や言葉によって精神的ダメージを負うケースもあります。

このようなことが複合的に絡まり合い、医師を辞職に追い込むことが多いようです。
医師をやめる前に、考えて欲しいのが、「転職」医療施設は病院だけではなく、様々なところがあります。

患者に向き合わないでいい職場もありますし、
今の職場より労働条件の良いところはたくさんあります。

都会の病院で人間関係に悩んだいるのだったら一度、
地方の医療施設も選択肢のうちに入れたらと思います。田舎の空気、
人素晴らしいものがきっとあります。

先生様(とは言わないかもしれませんが)すごく大切にしてくれると思います。
田舎は人情厚いですよ。田舎の景色に癒されること間違いないです。

田舎の宣伝はこれくらいにして、本当に転職を考えているのであれば、
医師専門の人材紹介会社に登録をお勧めします。

登録すると、あなたの担当者が決まり、転職先をたくさん紹介指定くれます。
もちろん、あなたの希望に添えるような先ばかりです。

下記、医師専門転職サイトで、登録してください。

エムスリーキャリアエージェント

9.医師の年収は研修医の後の進路により大きく変わってきます


私の知っている医師(外科医師)は車はバンバン新車に乗り換えるし、家も2軒新築しました。
その1軒が1億円以上の物件と聞きました。その医師は奥様も医師とのことです。

研修医は無給が当たりまえで、
アルバイトをしないと生活できないそんな時代は過去のこととなりました。

私の知っている医師の研修医の時、頻繁にアルバイトしていたようです。
個人医院などでのアルバイトあったようです。

研修医の年収は300万円ほどだと

研修医を終えて、その後の進路によって医師の年収は大きく変わってきます。

研修医を終えてその後の進路としては
大学の医局、民間の病院

大学の医局では、最初は600万円ほどで、役職が付くほど上がりますが、
1,000万円が上限になるようです。

一方、民間の病院では最初600万円からですが、
その後の肩書等によって1,000万円以上2,000万円もありうる、
もちろん、診療科目によっても大きな差が出てきます。

そして、開業医の場合は2,000万円から3,000万円も可能だと
但し、開業医の場合は、設立までかなりの資本が必要で医療機器など充実させようとすると、
億単位の資金が必要となります。

ですので、開業からしばらくは借金を返していくことが中心となるでしょう。

医師の年収は転職で年収増が見込めます。

医師転職の専門コンサルタントのいる企業をご紹介します。
年収が上がるのは当然で、条件もあなたの希望に沿える医療施設がきっとあるでしょう。

登録すると、あなたの担当が決まり、その担当が、あなたの希望をお聞きします。
その項目に沿えるようなリストを探します。

もちろん、あなた自身もそのサイトで希望項目を入力して、
転職先を探すこともできます。

数百万単位で年収が上がること、期待できます。

下記、医師専門転職サイトで、登録してください。

エムスリーキャリアエージェント

10.職務経歴書の作成は


職務経歴書は一般的な履歴書ではない。

何年○○大学○○学科入学、何年○○大学○○学科卒業、
○○病院研修医として、その後○○病院で内科医として現在に至る。

これでは、あなたのいいところが、相手(面接官)に伝わらない。

例えば、アメリカへインターンとして行き、
○○医師に師事し、心臓病手術に○○回助手として参加した。

○○手術を○○回行い、すべてが成功し、認定医として○○学会に登録された。

救急指定病院で救急外来を10年担当し、
様々な患者を救い、感謝状を市からいただいた。

医療技術や人間関係できらっと光るものがあるのであれば、
それが、どれだけ小さい事でも、書くべきです。

書いたら、その裏付けはちゃんと用意することです。

裏付けがあるとないとでは、信頼度が違います。

職務経歴書作成の時、思い出しながら、メモ程度に書きとめること。
だらだらとやるのではなく、
ブレインストーミングでやるように時間を区切ること大切です。

職務経歴書が充実していれば、年収も上がる可能性は高いと考えます。

医師専門の人材会社への登録は下記からどうぞ!



エムスリーキャリアエージェント

11.徹底比較!医師の転職、成功する転職サイトとは

<

img src="./org_img/org_img_31.jpg" width="640" height="420" />


徹底比較!医師の転職、成功する転職サイトとは
"転職活動をスムーズに進めていくためには、自分の力だけで成功させようと考えないことが大切です。

1人で活動しようとしていると、十分な情報を集めることに苦労することが多く、
なかなか活動が進まなくなってしまいます。

早い段階で転職サイトに登録し、
専門のアドバイザー・コーディネーターのサポートを受けることが必要なのです。

ただし、どのようなサイトに登録してもよいのではなく、
自分との相性が良いサイトを見つけなければなりません。

たとえば、転職を考えている医師の場合は、
医療関係の求人を多く取り扱っているサイトに登録すると効率的に活動を進めることができます。

数多くの転職サイトがあるため、安易に登録するのは禁物です。

なんとなく良さそうだと思ったサイトに登録してしまう人もいますが、
これでは本当に良いサイトに出会うチャンスを逃してしまいます。

登録する前に、複数のサイトを比較しなければならないのです。

きちんと比較してみると、サポート体制が整っているサイト、
情報量が豊富なサイトが分かります。

アドバイザー・コーディネーターの対応が丁寧で、
転職先が決まるまで十分なサポートをしてくれるサイトは、
じっくりと比較しなければ見つからないものです。

転職活動では、応募書類の作成をしなければなりません。

慣れている医師であれば、スムーズに履歴書などを作成することができますが、
初めての場合はかなり時間がかかってしまうことがあります。

応募書類の添削を受けながら、地道に作成していくのがポイントです。
書類選考を通過できなければ、いくら経験・スキルが充実していてもアピールする場がなくなってしまいます。

面接に進むことが、転職を成功させる第一歩なのです。

多くの医師が利用し、転職に成功しているサイトを選ぶことが、
早期の採用につながります。

ウェブサイトを見ただけでは、
本当に良いサイトなのかは分かりません。

口コミも含め、多くの情報を比較することが不可欠です。"

医師専門の人材会社への登録は下記からどうぞ!



エムスリーキャリアエージェント

「医師が転職を考えたらしないといけない事」について

医師が転職を考えたら、何故、転職するのか、必要な書類、面接から新しい職場での立ち位置などの情報をお知らせします。

登録をすると、存在確認のために最低1回は電話がかかってきます。その点だけご了承ください。

医師転職は下記からどうぞ!